担当生徒の親御様との思い出

塾講師として採用されるには非常に高度の試験に合格しなければなりません。
ほぼ100%の正解者のみが採用されます。
しかし、採用されたからと言ってほっとしてはいられません。

塾の場合、集団での授業が主となるので、必ずしもやる気のある生徒ばかりではありません。
ご両親の希望で受験勉強を始めたものの、生徒本人はあまり乗り気ではないこともあり、成績も芳しくないこともしばしばです。
そのような場合には授業の後にその生徒を呼んで個別指導しなければならず、非常に苦労します。
ご両親が熱心で塾の授業を信用して任せてくれる、しかも生徒が優秀な場合は指導は大抵うまくいき、多くの場合希望通りの学校に合格することができます。
塾講師としても、努力が報われ、ご両親にも感謝されて言うことなしです。

稀ですが、生徒が友達の受験勉強を見て、自分もやりたくて塾に来る場合もあります。
このような場合、ご両親はあまり積極的ではなく「その程度の学校なら、無理をすることもない。」などという人もいて、本人の希望を聞いてもらうのに苦慮します。
しかし、個別指導を繰り返し生徒がハンディを克服して、希望通りの学校に合格させることができた時には、それまでにはなった充実感を味わくことができます。
合格後にご両親が塾に来られ、お礼を言われた時には塾教師になって本当に良かったと思えるのです。