主婦をしながら塾講師として働く友人

私は塾講師をしています。
これは私の講師仲間のお話です。
私の講師仲間で主婦をしながら面接試験を受け、塾講師として採用され現在活躍している方がいらっしゃいます。

彼女は結婚を機に以前の仕事を退職し、その後出産をして専業主婦をしていました。
お子さんが3歳のお誕生日を迎えた年に再就職を考え、就職活動を始めたのです。
自分が何をしたいか考えた時に「子供に勉強の楽しさを教えたい」という結論に至ったと聞いています。
そして、見事に採用試験に合格して、塾講師となったのです。

現在、週に数日出勤をして授業を行ってらっしゃいますが、彼女の講義は子供達からとても人気です。
教え方がうまいとか、彼女の人柄がいいなど理由はたくさんありますが、なんといっても一番の魅力は母のように包み込むような愛情と情熱だと私は考えます。

講師として一番必要なのは生徒への愛情と情熱です。
これがなければ生徒達はついてきてはくれません。
ただ優しいばかりの愛情や一方的な情熱では意味がありません。
時に厳しく叱咤激励をしながらも大きな愛で包んでいることを感じさせてあげる。
講師と生徒が一緒に目標に向かって情熱を燃やすことができる。
これが良い講師の見本ではないでしょうか。
そして同時にこの愛情と情熱が塾講師のやりがいであり、楽しさでもあるのです。